そろそろ年賀状…来年は2021年丑年!!書道家 上平泰雅が日本郵便様とコラボいたしました♪

お問い合わせはこちら

ブログ

そろそろ年賀状…来年は2021年丑年!!書道家 上平泰雅が日本郵便様とコラボいたしました♪

2020/11/25

そろそろ年賀状…来年は2021年丑年!!書道家 上平泰雅が日本郵便様とコラボいたしました♪

 

みなさま、こんにちは~!青霄書法会の神谷です!

 

もうすぐ12月に差し掛かりますが~

年内にやっておかないといけないとBigイベントといえば、

『年賀状』もその一つかなーと思っており~☆

 

今年は、12月25日の投函が元旦配達とかなんとか~

間違っていたらあれなので、元旦必着希望の方は、

是非日本郵便のHPを…ご参照くださいませ笑

 

令和3年丑年の年賀状なのですが~

この度、日本郵便様とのコラボで当会所属の書道家「上平泰雅」の

オリジナル年賀状を販売させていただくことになりました(#^^#)

お買い求めいただければ嬉しい限りです…☆

―――詳細は【 ▶お知らせ欄 】へ♪

 

はい!宣伝はこのあたりにとどめさせていただきますねww

今回は、年賀状について思いを巡らせてみよーかと思うのですが~

 

近年、携帯電話やスマートフォンの普及により、

年賀状を送ることが少なくなってきているかと…

 

私がこどもの頃といえば、

「あけましておめでとう!」と家族に挨拶し、

ポストへ直行して、輪ゴムでまとめられた年賀状を取りにいき~

 

おせちを食べると同時に、

「お父さん…お母さん…お父さん…お兄ちゃん…お兄ちゃん…お父さん…わたし!」

みたく、年賀状を分け分けして、

自分宛の年賀状が来ていたらルンルンしていた記憶が。

 

その頃の年賀はがきといえば~

うちの家では『プリントゴッコ』でしたね!

インク?ぬりぬりして~

うんしょって年賀状挟んで押してました(^^)

はい、これですね!懐かしや~

 

年賀状プリントもこのあたりからでしょうか?

写真屋さんで写真を選んで、年賀状を注文したり~

 

パソコンと、家庭用プリンターの普及により、

年賀状を両面印刷するようになって~

 

現在はかなり個人向けの印刷会社が多くなったので、

安く、早く、オリジナリティのあるがたくさんありますね☆

 

私といえば~何周か回ってしまったのか、

白紙のハガキに全部手書きでイラストとかもろもろ書いて、

相手によって書き分けて楽しんでいた時期もありました笑

人によっては、イラスト無でその年の西暦とコメントだけ、とかww

 

当時から『年賀状が貰えること自体が嬉しい』

と思っておりましたが、改めて思うと、

・年賀状を書く時間と手間

・相手にあわせた年賀状の裏書内容

・コメント

などなど~貰う側への想いが詰まっていて…

 

手紙、手書きの文化ってやっぱり素敵ですよね(#^^#)

年始からその想いをぶつけたいなと思っていただけた方は、

来年の年賀状から始めていただくのも良いのではないでしょうか!

 

「手書きに自身がない」というあなたは、

当会の教室でお稽古をはじめてみてはいかがでしょうか?

お待ちしています~☆

 

~ 年賀状・干支のお話は… ~

年賀状のお話は【▶こちらのブログ】にも!

干支のお話は【▶こちらのブログ】にも!