コロナ禍で進んだ『オンライン化』。意識の変化と書道の新しいカタチを考える。

お問い合わせはこちら

ブログ

コロナ禍で進んだ『オンライン化』。意識の変化と書道の新しいカタチを考える。

2021/03/24

コロナ禍で進んだ『オンライン化』。意識の変化と書道の新しいカタチを考える。

 

みなさん、こんにちは~!青霄書法会の神谷です!

 

最近、気温がぐーんと上がってきていて~

朝はさすがにまだ冷えますが、

日中は日差しがジリジリするほどで、

”ぽかぽか陽気”を通り越すまでに

なってきたかなーと☆

 

新型コロナウィルス感染症が

言われだしてから、

季節が一巡して、

はやもう1年経ったんだなーと、

しみじみ思います。

 

この1年、日本でぐーんと進んだのは、

『オンライン化』だと思っていて!

 

コロナ前の生活を振り返ってみると、

年末年始・GW・お盆のタイミングで、

遠方に住んでいる家族や友達と、

帰省の際に会うことが普通で。

 

その間といえば、

家族から「元気にやってるかい?」

という、電話連絡があったり、

友達から「最近どうしてる?」

という、帰省前の伺い〇INEだったり。

 

”会える”のが当たり前だったから、

『顔を見せるのは会った時』

というのが潜在意識としてあって。

 

思えば、

国内なら北から南の端同士が

離れているといえど、

丸1日かかるほどではない距離が、

“会える”と思わせる

それだったんですかね(´ー`)

 

海外と国内だったら、

〇カイプなんかのテレビ通話で

連絡するのが普通だと思えるのに、

国内同士だと

「また会ったときにゆっくり話すね」

ってなっちゃってたなーって。

 

コロナ禍になって、

「今、東京なんだよね」って

友達に言われたときに、

「あー、じゃあ時間できたときに、

オンラインしよっか」

っていう会話が普通になりつつあって。

 

この間も、

名古屋にいる友人から急に、

「聞いてほしいことがあるから、

オンラインしていい?!」と

仕事終わりに連絡がきまして~

 

その日は、おばあちゃまから、

美味しいすき焼き用のお肉を

頂戴したところだったので、

満を持した、すき焼きDAYで、

お口はすき焼きの準備満タン。

 

さすがにそこは譲れなかったので、

すき焼きのための、

準備~調理~実食~の過程、

そのすべてをオンラインでつないで、

友達の愚痴を聞いてました☆

 

(( え?すき焼きに夢中で

友達の話、聞いてなかったんじゃない?

って?いやいや~

そんな不義理なこと…しないですよw ))

 

自分でも、気づかないうちに、

自然と意識が変化していることに

びっくりした次第です。

 

当たり前のことが、

当たり前でなくなって。

当たり前でなかったことが、

当たり前になっていく。

 

コロナ禍でそのことを、

嫌という程、痛感し、

同時に、“変わっていくこと”を

受け入れることの必要性が

生活の中に染み入った感があって。

 

“新しいカタチ”が、

全く新しいものだったり、

それとも以前からあったものを

上手く利用することだったり、

するんだとは思いますが…

 

なんしか、今を生きる私たちに、

この先を照らすものを、

今にあったカタチで、

取り入れていくことは大事ですね☆

 

そのことを想いながら、

当会でも【書道を学ぶ場】を

いろんなカタチで

提供させていただいておりまして!

 

“対面の書道のお稽古が1番!”

ということは重々理解しつつも、

書道を、

・誰もが

・どこででも

・長く続けられる

ようなサービスをオンラインで

提供させていただいています☆

 

当たり前だった書道のカタチが、

『オンライン』によって、

新しいカタチになって、

今を生きる私たちに届くのなら、

ステキなことだなーと思っています!

 

オンラインでの書道にご興味がある方は、

是非、お気軽にお問合せくださいませ♪

 

お待ちしています~!