年末調整で考える「ふるさと納税」♪コロナ禍ならではの「帰省暮」に触れてみる☆

お問い合わせはこちら

ブログ

年末調整で考える「ふるさと納税」♪コロナ禍ならではの「帰省暮」に触れてみる☆

2020/12/15

年末調整で考える「ふるさと納税」♪コロナ禍ならではの「帰省暮」に触れてみる☆

 

みなさん、こんにちは~!青霄書法会の神谷です!

さっそくではございますが~

はい、言わずもがな12月中旬です!!!

もうみなさん、【年末調整】はお済ですか?

 

会社にお勤めの方だと。。。

個人でかけている生命保険や住宅ローンの控除申請など、

12月の早い段階で「はよ申請せんと、知らんで!」って

もはや脅しのごとくせかされるイメージが…笑

 

自身で税務署に確定申告に行かれる場合は、

前年度の分を翌年の2月中旬~3月中旬に申請すれば良いのですが、

雇われの身では、年内に期日が設定されますよね~(>_<)

 

わたくしも、今年度の年末調整の分を考えておりまして~

やっと!やっとです!【ふるさと納税】やってみようと!!!!

初☆ふるさと納税、いたしました~(*´ω`*)デビューふぉー

 

【ふるさと納税】の仕組みがいまいちピンとこなくて…

年収により還元額が決まっていて~

最低2,000円の負担金(還元額以上は自己負担増)で、

住民票のある地域外に『寄付』ができるというものみたいですね!

 

寄付なので、税申告の際に収入から差し引いてもらえて~、

かつ自治体によっては返礼品もあるよ☆

っていう特典の多いものみたいですね(#^^#)

 

初☆ふるさと納税のわたしは、

全国の市区町村という過多な選択肢が故に、

「どっどこ選ぼう…」と困惑してしまいまして。

 

シンプルに、わたしが生後7か月~26歳まで

お世話になった市区町村にいたしました笑

(実は大学の学生生活を満喫させていただいた

市区町村と悩んだ、というのは内緒ですw)

 

返礼品を選んでいた際に、ふとよぎったのが、

「今年コロナでおばあちゃんやおかんに

顔みせられてないから返礼品贈るのもありか…」と。

 

今年はコロナ禍で、帰省自粛や「リモート帰省」を

テレビで呼びかけているのを目にしますが…

みなさん!この言葉知ってます?

 

 

【帰省暮】

 

 

いや、わたし知らなくてですね!

コロナ禍で生まれたワードだそうですが、

帰省できない代わりに、感謝の気持ちを贈り物で届けよう!

というものだそうで!お歳暮とかの「帰省」Ver.ですね☆

 

既に、「帰省暮とは?」みたいな、

まとめサイトがUPされていたり、

大手通販サイト〇天でも検索ワードに入っているようで!!

 

帰省して触れられる距離まで縮められないけど、

せめて「元気にやってるよ!」という思いを

伝える距離は縮められたら…。

 

そんな心のこもった『帰省暮』。素敵ですね。

ブログ書きながらなんだか、じんわりきました。

 

さらに心を込める手段として、

【直筆のメッセージカード】を添える、

なんていかがでしょうか!

 

(( はいはい、そのメッセージカードの流れね。と思ったあなた!

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます照 ))

 

いつもメッセージカードなんて添えないよ!

という方には、活字よりも是非直筆で!!!!

直筆だからじんっとくるんですよ~(*´з`)

 

手書きに自信がない、というあなたは、

青霄書法会のペン字の教室に通われてはいかがでしょうか?

手で書く習慣をつけていただければ嬉しいかぎりです☆

 

お待ちしております~♪