電子署名の世の中に…筆跡鑑定みたく歩き方で誰だか分かる?!

お問い合わせはこちら

ブログ

電子署名の世の中に…筆跡鑑定みたく歩き方で誰だか分かる?!

2020/06/24

電子署名の世の中に…筆跡鑑定みたく歩き方で誰だか分かる?!

 

みなさま、こんにちは~!青霄書法会の神谷です!

 

新型コロナウィルス感染防止の観点から、

テレワークが推奨されており~

できるだけ自宅でお仕事となっているものの…

 

その関連で取り上げられているのが、

「いやー、捺印が必要な書類があって…

会社に行かないといけないんですよね。」

ってゆう日本の『ハンコ文化』が問題に!

 

それもあって、

電子印鑑・電子署名などの需要が

ぐーーーーーんと加速しているみたいですね(*'ω'*)

宅配便とかネット契約とかも最近、電子署名が増えてますよね☆

 

署名捺印の行為は、

『本人である証明』みたいなところかと思ってますが、

“筆跡鑑定”って字のカタチもですが、筆圧などなど

あらゆる面を目視と数値化して鑑定するそうで!

 

調べてみたところ、電子署名も鑑定できるらしいですよ~☆

 

この、『本人である証明』なんですが…

最近、読んだ漫画で

“「歩き方で本人かどうかを鑑定する」ことができる”

というのを目にしまして!わお!

 

これ、『歩容認証』というそうなんですが、

腕の振り方や、歩幅、姿勢から、

本人かどうか検証するらしく!

 

人の手、指、腕などのあらゆる動作において、

小さな差が「本人かどうか」を判定する材料になっていると思うと、

人の体って、すごいな~と思いました!

 

「書道」も、手・指・腕の使い方でガラリと変わるように、

小さな差かもしれませんが、

それが、本人であると分かるほどの差だと思うと、

『大きな違い』と感じますよね!ふむ!

 

この『小さな差』を極めるために、

自身と向き合って『書を追求する』

のが「書道」なのかな…と素人ながら思いました(*´ω`*)

 

そんな書道の世界に飛び込みたいと思っていただけた方は、

是非、青霄書法会へ!

 

お待ちしております~☆