おうち時間で、お部屋のお掃除から「断捨離」と「ミニマリスト」を考える

お問い合わせはこちら

ブログ

おうち時間で、お部屋のお掃除から「断捨離」と「ミニマリスト」を考える

2020/06/25

おうち時間で、お部屋のお掃除から「断捨離」と「ミニマリスト」を考える

 

みなさん、こんにちはー!青霄書法会の神谷です!

 

梅雨時期になり~じめじめして暑い…

涼しい風も入ってこないし、我慢の限界!

エアコンつけよーっと。

「おーーっと!エアコン、におうな焦」ってなりまして…

 

できる部分だけでもエアコンの掃除をしないとなぁと

思っている今日この頃なのですが、

新型コロナウィルス感染の拡大で「おうち時間」が増え、

“おうちのお掃除を頑張りました!”という方もいるのかなーと!

 

今回は、お掃除から派生して、ミニマリストと断捨離について、

想いを馳せてみました~(*´ω`*)

 

<ミニマリストって?>

最近よく聞くのが『ミニマリスト』というワード。

必要最低限のもので生活を営む方々のこと…だと認識していますが、

『ミニマリスト』にもいろんな考え方があるそうで!

 

◆機能重視系ミニマリスト…見た目が悪くても機能性を重視

◆美観重視系ミニマリスト…シンプル良し、見た目や調和を重視

◆節約重視系ミニマリスト…コスパが大事!

 

ほうほう~なんだか、奥深い感じですね!

「本当に自分が必要なもの」を暮らしの中心に置く、

みたいなところがイイんですかね☆

 

わたしは、モノが多いほうなので、あれなんですが笑

だた、「1年間一切使わなかったもの」は

基本、ゴミ箱行きにしています~(*'ω'*)

 

お洋服・靴は、無理せず収納できる分まで。

収納できないなら、古いものを捨てて、

新しいものを置くスペースを作るようにしていたり♪

 

ん?んんん?

。。。これは断捨離なのか?

っていうか、『断捨離』って、

モノを捨てるってこと…なのか?

 

<断捨離って?>

みなさん、知ってました?

断捨離ってヨガの考え方からきてるそうです!

 

◆断行…入ってくるもの、欲望を断つ

◆捨行…いらないもの、自分の地位を捨てる

◆離行…モノへの執着やこだわりから離れる

 

のヨガの行動哲学をベースに、その頭文字を取って、

住まいと心の片付け術に応用した造語だそうですよ☆

 

断捨離というと、“モノを捨てる“みたいなイメージですが、

もっと「心の執着」みたいなところを、

スパ―――――んって落とすみたいな、

そういう精神的ものに由来していたんですね!ほうほう!

 

ミニマリストと断捨離を考えてみると~

執着や欲望を全て捨て去ってみて、

“「自分にとって何が本当に必要なのか」を見つめ直すこと”

が、大事なのかな?と思いました~(#^^#)

 

実際は、「あの服〇〇円したしな~捨てるのもったいないな~」

ってなっちゃうんですけどね笑

 

社会の荒波にもまれて~

普段のあれこれのしがらみから解放されて、

何かに集中・没頭する時間を趣味で持ちたい!

 

そう思っていただけたあなた!

心の断捨離の時間として、「書」に集中するなんていかが?

少しでも、書道に興味を持たれた方は、

是非、青霄書法会へ~☆

 

お待ちしております!