春といえば、咲き誇るお花♪青が綺麗なネモフィラが大阪でも…!!

お問い合わせはこちら

ブログ

春といえば、咲き誇るお花♪青が綺麗なネモフィラが大阪でも…!!

2021/04/22

春といえば、咲き誇るお花♪青が綺麗なネモフィラが大阪でも…!!

 

みなさん、こんにちは~!青霄書法会の神谷です!

春陽気で、ぽかぽかというよりは、

もはや熱気まで感じるほどですね(´ー`)

 

春といえば、お花!

寒さから少し抜けると、

梅、桃、桜が咲きはじめ~

 

菜の花やチューリップが一面に

咲き誇る情景を楽しめるスポット

なんかも、春ならではで良きですね☆

 

わたくし、春のイメージは

ピンク・黄色・赤色なんかの

暖色が浮かんでいたのですが~

 

みなさまは、『ネモフィラ』という、

春の花をご存じでしょうか~?

 

いろんな品種があるんですが、

ネモフィラといえば、

空のような“青色”だそうで!

 

画像のような感じです~(#^^#)

空や海のような一面青色。

とってもきれいですよね☆

 

大阪・舞洲で期間限定公開している

ネモフィラのお祭りのポスターを目にし、

初めてネモフィラのお花を知りました!

 

ネモフィラは、大正時代に日本にやってきて、

瑠璃唐草(るりからくさ)の名で広まりました。

 

茎が横に広がり、地面を覆うように繁殖し、

ぐんぐん育って花をさかせる繁殖力から、

『success everywhere』

―――どこでも成功できるよ☆

という花言葉をもっているそうです♪

 

ネモフィラにまつわるお話には、

こんなものがあるみたいで~

 

ネモフィラという女性に恋をした男が、

「この恋が叶うなら、死んでもいい!!」

と、神様に祈ったんです。

 

念願かなって、二人は愛し合って結婚。

神様は、お祈り通りに、

男を天国に連れ去ってしまいました。

 

ネモフィラは愛する夫を取り戻そうと、

生きたまま神様の後を追って、

青く燃える天国の門までたどり着き、

泣きながら夫を返してほしいと抗議。

 

門は開くことなく、

ネモフィラは門の前で泣き続けました。

 

哀れに思った神様は、

ネモフィラを美しい青い花に

変えたそうです。

 

まるで空に続いているように見える、

小さく健気にさく青い花は、

愛が故に天まで行ったネモフィラを

象徴しているようにも感じられますね。

 

美しい景色で心が洗われる。

時間が止まったかのような感覚。

そんな時間を持てること、

素晴らしいですよね!

 

書道でも、

「字を書くことだけに集中する時間」

を持つことがイイ!という

生徒さんのお声を聞くことがあります☆

 

日頃の雑念から離れて、

字を書く時間を楽しむのは

いかがでしょうか?

 

趣味に書道をお考えいただけたら、

是非、当会でお稽古してくだされば

嬉しい限りでございます(*´ω`*)

 

オンラインのコースもございますので、

お気軽にお問い合わせくださいね!

 

お待ちしています!!