4/18は何の日?“道”がつく文化と、身近にあるソレを見てみましょう♪

お問い合わせはこちら

ブログ

4/18は何の日?“道”がつく文化と、身近にあるソレを見てみましょう♪

2021/04/06

4/18は何の日?“道”がつく文化と、身近にあるソレを見てみましょう♪

 

みなさま、こんにちは~!青霄書法会の神谷です!

 

春陽気になってきて、

ステキな気候なので、

お外に出てお散歩していると~

 

桜をはじめとして、

たくさんのお花がみられ~

道端の草花を、ワンちゃんも

いつもに増して、

くんくんしながら歩いている

気がしたり~

 

ランチ時に良いにおいが

漂ってくると、

ついついパンの匂いに誘われて、

お昼にパンを買って帰り~

 

お家でフィルターコーヒーを

入れるとさらにまた香りがブワっと!

そんな香りを楽しむ生活を送れる

幸せを感じております(*´ω`*)

 

わたくし、存じ上げなかったのですが、

4/18は「お香の日」だそうでして!

 

かの有名な、日本書紀に

「4月頃に淡路島に香木が流れ着いた」

みたいな内容の記載があり~

加えて、香を分解すると、

一・十・八・日となるので、

4月18日になったそうです(^^)/

 

この“香り”って、

ほんっとに大事だなーって思いまして!

 

―――人間の中の五感でいう「嗅覚」

 

香りでリラックスしたり、

はたまた、気分が高揚したり、

対して、耐えられないほどの異臭で

気分が悪くなって吐き気に至ったり。


・フレグランスとして、

・消臭効果として、

・治療の一環として、

・宗教要素のあるものとして、

・文化として、

“香り”が私たちのすぐそばに、

紀元前からずっーーーーーと

寄り添ってきました。

 

エジプトなどの古代文明からでいえば、

かのクレオパトラは香油をつけていたり、

ミイラの腐敗臭防止に香りを利用したり~

 

医学の面でいえば、

薬草を主とした領域では、

身体に取り入れる手段として、

ハーブティーなどに通じ~

 

ハーブ医学から派生したといわれる、

アロマテラピーでは、

香りによるリラックス効果や、

美容面での効果を促すもので、

近年でもお家で楽しめる

アロマオイルやキャンドルが

とっても人気ですよね☆

 

日本の“香”の歴史でいえば~

 

日本では香りがする木がなく、

奈良時代に仏教とともに、

香木がやってきて、

大寺院で香が使われ始めました。

 

平安時代になると、

貴族がお部屋や着物に

香りをつけるようになって、

独自にブレンドしていたそうですよ☆

 

武家が台頭するようになった、

足利将軍時代の東山文化で、

香木の鑑賞を中心とした、

【香文化】が誕生し、

その後、江戸時代~現代の

【香道】へとつながったそうです~

 

身近にある“香り“が、

『道』がつく【香道】となったように、

身近にある“書く”ことが、

『道』がつく【書道】になったわけです。

 

香りが宗教的なそれを含み、

文化となったように、

教えを書き残すための行為が、

文化になったわけです。

 

いやー、素敵ですね。

ほんとうに(*´ω`*)

 

書くことを、より身近に感じていただき、

ゆくゆくは『道』のつくそれに触れたい。

そう思っていただけた方は、

是非、当会でお稽古していただければ

嬉しいかぎりでございます!

 

オンラインでお稽古をするサービスも

ございますので、気になられた方は、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

お待ちしています~!