難波教室リニューアル☆畳座卓ブースが登場(^^)/~♪♪畳と正座を考える

お問い合わせはこちら

ブログ

難波教室リニューアル☆畳座卓ブースが登場(^^)/~♪♪畳と正座を考える

2021/01/26

難波教室リニューアル☆畳座卓ブースが登場(^^)/~♪♪畳と正座を考える

 

みなさん、こんにちは~!青霄書法会の神谷です!

 

少し寒さが緩まり、

薄手のコートを着て出かけていますが、

また寒さが戻ってくるそうなので、

油断なりませんね(>_<)

 

当会の難波教室ですが、

教室内をリニューアルいたしまして☆

窓際には座敷スペースをご用意し、

広々空間が実現いたしました~!

 

【座敷】で思うのが~

 

お家のフローリングって、

「さすがに寝転ぶのは行儀が悪い」

って思ってしまって、

ソファーに寝転ぶことが多いかと。

 

((我が家では、私を含め、

ソファーの肘置きを

枕にする輩ばかりだったので、

母が頭の形が付くからやめてって

怒っていましたね~))

 

和室の畳だったら、

クッションをポーンと掘り投げて、

頭に敷いてゴロゴロ…

 

気づいたら寝ちゃって、

起きたら「体痛っ」って

なるんですけどねww

 

自宅の和室ではゴロゴロしますが、

他宅やお出かけ先で畳のお部屋だと、

シャンとしなきゃって思っちゃって。

 

 


うーん…やっぱり正座すべきだよね?

 

 

って考えちゃいません?

小さなお子さんがいるお家では、

座敷でワイワイすることも多いので、

坐り方は気にならないですが…

 

和室で座る、ってなんだか、

かしこまっちゃって(´ー`)

 

わが家では、月命日にお坊さんに

お経を読んでもらっていたので、

「正座しなきゃ!」という感覚が

未だにあるのかもですが~

 

実はこの、

『畳に座る正しい座り方=【正座】』

という認識は歴史が浅く、

明治新政府による修身教育として

正座が取り上げられてからだそう。

 

それまでは、

たて膝やあぐら、斜めずわりが主流。

正座は「相手への従順を表す」もの、

また茶道などの「礼」を意味したそうです。

 

正座が主流になった背景には、

・庶民が畳のある住居に住めるようになった

・江戸時代に大流行した脚気患者が少なくなった

ことにも起因するみたいです☆

 

何にせよですね、『正座』って…

こう、背筋ピーンって、

こう、頭の先ピーンって、

こう…シャンとするやないですかww


畳の昔ながらの安心感と、

ちょっと気持ちの入る正座と、

なんとも言えないバランスが素敵ですね☆

ん?ええ、素敵ですよ!はい!笑

 

是非、当会の難波教室にお越しの際は、

((気分、変えようとしてるんじゃ~ん))って、

畳座卓でお稽古してみてくださいね☆

※無理に正座しなくて大丈夫ですよ!

 

始めてのお稽古を考えてらっしゃる方は、

ご見学もお気軽にお越しくださいませ!

 

お待ちしています~♪