もうすぐ桜咲く♪お花見の季節☆どんな歴史があるの?

お問い合わせはこちら

ブログ

もうすぐ桜咲く♪お花見の季節☆どんな歴史があるの?

2020/03/06

もうすぐ桜咲く♪お花見の季節☆どんな歴史があるの?

 

こんにちはー!青霄書法会の武部です!

 

3月も後半にさしかかり~

春陽気になってきて思い浮かぶのは、

『桜』や『お花見』とかなーっと♪

 

桜ってなんだか、「日本らしさ」を感じて、

「日本にしか桜がない」というイメージすらあるのでは?

 

実は~北半球の温帯地域で見られるそうで、

中国や韓国、朝鮮半島などアジア地域が多いんだとか!

 

では~日本の「桜」への関心はいつからだったのか?

奈良時代、「お花見」といえば『梅』を指すもので、

これは中国から伝わってきたお花見文化だったそう。

 

日本では、桜はかつてより「神聖」なものとして

考えられてきたそうで~

 

サ=田の神様、クラ=座るところ

として、桜が咲いたことが、桜の木を依り代に、

神様が山を下りてきた!とし、

桜の木の下に皆で集まり、お酒や食べ物をお供え

していたそうですよ☆

 

「お花見」の主役が梅⇒桜になるのは、

遣唐使が廃止されて日本独自の文化が出てきたころ。

その頃から、和歌でも梅ではなく桜について

詠まれるものが増えてきて~、

桜が定着したのは平安時代だったようです☆

 

安土桃山時代になると、

「武士」にもお花見文化が広まり、

宴会形式のお花見が出てきた中では、

大阪より1000本の桜が運ばれ、5000人で行った、

豊臣秀吉の「吉野のお花見」が有名みたいで~

 

その後、各地寺院などに桜が植えられるようになり、

東京に桜が植えられたのは、江戸時代の徳川将軍だったとか~

 

庶民を含め、今のような小グループでの

お花見が行われるようになり~、

現代につながっているわけです(#^^#)

 

日本人が愛してきた「桜」。

かつてから続くお花見文化には、

「神聖なものへの敬意」が隠れていたんですね☆

 

日本文化といえば「書道」!

桜と同様、文化として根付く書道を

趣味で始めたい!と思われた方は是非、青霄書法会へ!

 

お問合せ、お待ちしています~☆