日本の文化【ひな祭り】の歴史を覗き見…☆

お問い合わせはこちら

ブログ

日本の文化【ひな祭り】の歴史を覗き見…☆

2020/02/26

日本の文化【ひな祭り】の歴史を覗き見…☆

 

こんにちは~!青霄書法会の武部です~!

 

もうすぐ3月☆

3月の日本の文化行事といえば~

「ひな祭り」ではないでしょうかー(#^^#)

 

『あかりをつけましょ ぼんぼりに~

おはなをあげましょ もものはな~』

ひなまつりの曲といば、この歌が思いうかぶかと!

 

ひな祭りのルーツは、平安時代にさかのぼり~

中国から伝わった「五節句」の中の「上巳」のときに、

無病息災を祈願して、雛人形に自分の災い・穢れを移して、

川に流して邪気払いをしていたそうです☆

 

「節句」という季節の節目の時には、

邪気が入りやすいとされていたそうで~

こういった行事が行われていたんだとか!

 

この雛人形の「ひな」ですが、

語源は「ひいな」と呼ばれる、

当時の上流階級の女の子がおままごとで使っていた、

紙の人形のことだそうで~

 

その遊びを「ひいな遊び」といって、

邪気払いのときにこの人形を使っていたので、

「ひな祭り」という名称につながったのでは~?とのこと。

 

『生まれてきた女の子の行事』として

「ひな祭り」が定着するのは、

江戸時代中期になってからだったそうで~

 

女の子が生まれたら、内裏人形を飾って、

その子の無病息災を

お祈りしていたらしいですよ(*'ω'*)

 

「雛人形」が立派なものになり、

川に流すのではなく、飾るものになったのですが、

「雛人形」や周りの装飾が豪華になりすぎて、

幕府が規制するほどヤバかったそうで笑

 

現在でも、7段の立派な雛人形~

現代風のお顔をしている雛人形まで

あるそうですが~(*´з`)

 

いまなお続く行事として、

「日本文化」のひとつとなっています☆

 

日本文化といえば『書道』!!

文化に触れたいな~と思っていただけた方は、

是非、青霄書法会へ~♪♪

 

お待ちしています!