日本文化としての「道」とは…?“書道”を考える。

お問い合わせはこちら

ブログ

日本文化としての「道」とは…?“書道”を考える。

2020/01/08

日本文化としての「道」とは…?

―――――“書道”を考える。

 

こんにちは~!青霄書法会の武部です~!

 

新年となり、2020年も気づけば1週間が過ぎ…

年始~1月といえば!

■お正月

■おせち

■初詣

■年賀状

■成人式

■七草がゆ etc.

 

1月ははやり、日本ならではの

「文化」を感じる行事などが多いですよね~

古来より続く風習が今なお続いていると思うと、

それだけでも感慨深く…☆

 

日本ならではの文化といえば~

「わび」「さび」の感覚は本当に独特だと思っており!

中学校の国語の教科書で

「わび」「さび」の話が出てきたときは、

この感覚って日本ならではなんだなーとしみじみ。

 

実は、この「わび」「さび」の感覚って、

書道・茶道・華道・武道などの「道」の

考え方とも結びつきがあるみたいです!!

 

< “道”の意味を考える >

「道」の語源は、

古来中国の老子が語ったとされる、

『道(タオ)』だと言われていて…

 

その考えをもとに、

「道」という漢字自体に

本質に迫ろうとする生き方を

意味するようになったんだとか。

 

物事を知る、悟るためのプロセス自体が「道」、

という考えなので、

『到達する事が目的』ではなく、

『未完成のものを追求する』ことがイイ!

ということなんですよね~☆

 

これが「わび」「さび」との感覚と

繋がるところがあって!

 

「わび」…つつましく簡素なものの優美

「さび」…時間の経過とそれに伴う劣化

の意があり、

未完成なもの、不十分なことが良いと

捉えられているんです~

 

この日本独自の感覚こそが、

「道」の考え方ともマッチしていて…

未完成のものを追い求めるプロセスという考え方が、

なんだか心に響くのは、「わび」「さび」を感じる、

日本のスピリッツに関わっているんですかね~♪

 

そんな「道」のつく、

日本文化を身近なものに感じていただくために、

書道を始めてみたい!と思って頂けたら、

是非、青霄書法会にお越しください~☆

 

お待ちしています~!