飲食のお店の看板に筆文字を…☆もうすぐ十日戎!!笹もってこいっ♪

お問い合わせはこちら

ブログ

飲食のお店の看板に筆文字を…☆もうすぐ十日戎!!笹もってこいっ♪

2020/01/07

飲食のお店の看板に筆文字を…☆

もうすぐ十日戎!!笹もってこいっ♪

 

こんにちは~!青霄書法会の武部です~!

年が明けて、お仕事もはじまり…

新年会もろもろあるかと思いますが~

 

年明けのイベントといえば?

七草粥?成人式?

「商売繁盛~笹もってこい!」の掛け声でおなじみの

『十日戎』も年明けイベントですよねー☆

 

西宮神社で毎年行われる「福男選び」の

イメージが強いかもしれませんね~♪♪

 

その「商売繁盛」にちなんで!

当会でも飲食店の屋号揮毫のご依頼を頂くことが多く~

飲食店のまさに『顔』となる屋号ロゴを書かせていただくので、

先生方の気合もすまじく…納得いくまで何度も書いてらっしゃいます!

 

~そんな「飲食店」の歴史は?~

居酒屋さんがあったと思しき記載が見つかったのは、

平安時代初期に書かれた続日本紀だそうで、

推測するに奈良時代にはあったのでは?とのこと。

 

当時、お酒は貴族しか飲めなかったため、

「外食」が庶民の間で出てきたのは、

室町時代だったそう!

 

お茶を一杯、お寺の前で、

参拝客向けに提供する立売の店が登場!

立って食べられるお団子とかも一緒に売り始め…

 

お食事処のような本格的な「外食」が

庶民に根付いたのは江戸時代。

参勤交代の単身者や火事も多かったため、

台所がない長屋での生活も多く…

「外食」の文化が花開きました。

 

立売から始まり、屋台が出てきて、

店舗を構えるところが出現し、

本格料理店がどんどーんと店を構え…

 

そうやって今の「飲食店」に繋がっているんですね!

 

☆看板・屋号揮毫のご依頼

☆飲食店のメニューを筆文字で書きたい!

などなど、書道に興味を持たれた方は、

是非、青霄書法会へお問い合わせください!

 

お待ちしています~♪♪