令和最初の年賀状☆筆ペンの歴史には年賀状が…!!

お問い合わせはこちら

ブログ

令和最初の年賀状☆筆ペンの歴史には年賀状が…!!

2019/12/27

令和最初の年賀状☆筆ペンの歴史には年賀状が…!!

 

こんにちは~!青霄書法会の武部です~!

令和元年ももうすぐ終わり。

来年はオリンピックですね~♪♪

 

テレビでCMもやってましたが、

令和最初の年賀状ということもあり、

「今年は年賀状だすよ~」みたいなお声もちらほら…

 

年賀状といえば!

近年は写真入りや、プリント印刷が多いですが、

年賀状=筆文字のイメージはやはり健在で~♪♪

 

実は~筆ペンの歴史の中でも、

年賀状って結構大きかったんですよ!

 

(( 筆ペンの歴史 ))

調べたところ、筆ペンの発祥は、

☆セーラー万年筆株式会社

☆株式会社呉竹

だったようで…

 

日本初の筆ペンは1972年発売。

当時、便利な筆記用具が増え、

墨・筆で書くことが少なくなっていて、

現在のように、筆文字が苦手な方が続出。

 

さらに、年賀状文化としては、

まだ筆文字が主流だったようで、

1972年にセーラー万年筆さんから世に出た

「ふでペン」は翌年の年賀状シーズンに

爆売れしたんだそうですよ~!

 

セーラー万年筆さんの「ふでペン」では

太くて固いペン先を使用していたいたのですが、

一方、呉竹さんは、「筆の良さ」を実現するために、

やわらかいペン先の「くれ竹筆ぺん」を1973年に販売。

 

「筆の良さ」を生かすためにも、

インキはしみこませるタイプだったそう!

 

歴史長く、もはや文化として根付いている

「筆」をより身近に感じてほしい、

そんな思いが詰まった筆ペンって…

 

それだけでもほっこりしません???(*'ω'*)

 

「筆ペンっていいな~」

「書道、始めてみようかな~」

少しでもそう思って頂けた方は、是非、青霄書法会へ~♪♪

お待ちしています!