筆の歴史をさかのぼる…☆実は「写経」がキーワード!!

お問い合わせはこちら

ブログ

筆の歴史をさかのぼる…☆実は「写経」がキーワード!!

2019/12/24

筆の歴史をさかのぼる…☆実は「写経」がキーワード!!

 

こんにちは~!青霄書法会の武部です~!

 

5月の元号改正で、「令和」最初の

御朱印巡りをされていた、という方も

たくさんいらっしゃったのでは~?

神社仏閣といえば、御朱印も素敵ですが、

「写経」も良いんではないでしょうか…☆

 

当会では、年に1回展覧会を開いており、

その際、『写経』の作品もたくさん!

「ただひたすらに書き進めていくことで、

書き終わったときの何とも言えない感覚が、

好きなんです」というお話を耳にして~

 

素敵だなーと思った次第です☆

 

実は!この「写経」ですが、

筆の歴史を見ていくと、

“なるほど!!”となる関係性があり~♪

ちょこっとご紹介できればとーー(*´ω`*)

 

<筆の歴史>

筆の起源は中国。時は秦の時代。

始皇帝へ献上された「竹管の筆」が

始まりだったとかなんとか!

 

そして筆が中国から日本に伝来したのは、

約1700年前の応神天皇の時代とかなんとか!

 

この筆の需要が高まるきっかけが、

「写経」にありました!

 

奈良時代になって、仏教が広がり、

その仏の教えを書き写す=写経のために

筆の需要が高まっていったんです~

筆の需要が高まる=筆職人が増えや技術が高まり…

 

筆・紙が高価で、読み書き自体も

高貴な、位の高い人しかできませんでしたが、

寺子屋で読み書きを教えるようになった

江戸時代から庶民に広がっていきました。

 

筆の広まりと写経にはこんな関係があったんですね~♪

 

☆筆を使うことに興味が出た!

☆ゆくゆく写経をやってみたい!

☆書道を始めてみたい!etc.

少しでも興味が出た方は是非、青霄書法会へ~!

お待ちしています♪♪