筆でつらつら~ッと書く☆俳句・短歌の歴史を見てみる♪

お問い合わせはこちら

ブログ

筆でつらつら~ッと書く☆俳句・短歌の歴史を見てみる♪

2020/03/03

筆でつらつら~ッと書く☆俳句・短歌の歴史を見てみる♪

 

こんにちはー!青霄書法会の武部です!

 

俳句といえば~

長細い短冊に、筆でつらつら~っと

書いているイメージとか…

 

ちびまる子ちゃんの

友蔵 心の俳句とか…

 

はたまた、サラリーマン川柳や、

「火の用心 マッチ一本 火事の元」

のような標語とか…

 

ではでは~短歌といえば~

百人一首のような、

五七五七七で詠む恋物語とか…

 

その、俳句・短歌の歴史は

どんなものでしょうか~??

 

<俳句・短歌の歴史>

漢詩と違い、日本で詠まれた歌を和歌といい~

その和歌の中で「五七五七七」のリズムで

詠まれたものを『短歌』といいます♪

 

短歌が主流になったのは平安時代。

その時の短歌は、ルールが厳しく~

枕詞いれていね!掛詞つかってね!etc.

さらに、五七五・七七で分けて、

別の人が詠んでいたので、相当難しく。

 

それもあって、教養のある

貴族のたしなみとして短歌を詠んでいたそう。

 

室町時代になって短歌を詠むことが衰退し…

江戸時代初期の松尾芭蕉によって俳句が確立。

俳句は短歌の「五七五・七七」の

「五七五」=発句の部分だけを詠むもの。

 

季語を入れるルールがありますが、

短歌のような複雑なルールがなくなり、

庶民もたしなむようになりました☆

 

一方短歌は、明治時代に入って、

正岡子規らが提唱した和歌改革運動により、

ルールに縛られない自由な短歌が生まれるように☆

 

そして現代に至るわけですね~

歴史が深い、短歌・俳句の世界。

「短歌や俳句を筆でつらつらーっと書きたい!」

と思われた方は、青霄書法会で小筆・かなの

お稽古をするのはいかがでしょうか??

 

気になった方は是非、青霄書法会へ~♪

お待ちしています!