鉛筆の持ち方と視力が関係する?!姿勢を正して書くことの重要性とは

お問い合わせはこちら

ブログ

鉛筆の持ち方と視力が関係する?!姿勢を正して書くことの重要性とは

2020/01/13

鉛筆の持ち方と視力が関係する?!

―――姿勢を正して書くことの重要性とは

 

みなさん、こんにちは~!青霄書法会の武部です~!

 

このタイトル、ちょっとびっくりしますよね。

実は、鉛筆の持ち方と視力の低下の関連性が研究されていて~!

 

まず、視力の低下って何が原因で起こるかというと…

 

近くのものを注視することによって、

水晶体が膨らんだままになって、

ピントを合わせる機能をしてる毛様体筋が凝り固まるそうで…

 

それが要因の一つとなって、

遠くのものにピントを合わせにくくなって、

視力が低下する、ことがあると考えられているそう!

 

では、鉛筆の持ち方と視力にどう関係があるのか?

 

鉛筆の持ち方が悪いと、

書いている文字が見えにくくなり、

自然と手元に顔が近づいていき~

 

その状態で長時間勉強をしたりすると、

近くのものを注視する時間が長くなってしまい、

視力低下の原因になるかねない。

 

ということなんですね~

 

さらに、文字が見えにくいとなると、

文字のバランスを配慮して書くことができず、

文字が上手に書けない…みたいなことも考えられ…

 

正しい鉛筆の持ち方で、

姿勢正しく書くことが大事ですね!

 

ちなみに~

近くを見すぎて凝り固まったお目めは、

毛様体筋を緩めるストレッチが良いそうで!

 

☆遠くを見る

☆星空を見る

☆近くを見つめる作業は長時間を避ける

☆適度な明るさで手元の作業をする

 

のがイイんだそうです~♪♪

 

◆綺麗なバランスで文字を書きたい!

◆正しい姿勢で書く習慣をつけたい!

◆書くことに慣れたい!

という方は、書道教室に通われてはいかが?

 

興味をもたれた方は、是非、青霄書法会へ!

お待ちしています~♪♪