「行間を読む」の意味―――『感じ取る』ことって、素敵ですね(*´ω`*)

お問い合わせはこちら

ブログ

「行間を読む」の意味―――『感じ取る』ことって、素敵ですね(*´ω`*)

2020/03/18

「行間を読む」の意味

―――『感じ取る』ことって、素敵ですね(*´ω`*)

 

こんにちはー!青霄書法会の武部です!

 

以前、俳句の話をさせていただいた際、

限られた文字数の中で、情景を伝えるために、

余韻を残したり、背景を汲んで想像したりすることが

大事というお話を目にして~

 

私がその時に頭に浮かんだ言葉は、

「行間を読む」というワードでした~☆

 

この「行間を読む」ですが、

著書など書かれた文脈や会話から、

文字に表されていない作者の思いや、

意図をくみ取ることの意で

使われていていますよね!

 

「空気を読む」ことが、『日本らしい』と

表現されることが多いですが、

それと同様、和歌・俳句など限られた文章から

それ以上のことを伝える、くみ取ろうとするのが、

古来日本人が長きにわたり試みてきて、

今なお根付く『日本らしい』ところなのかなーと。

 

でもこれ、アートをはじめ、

いろんなことに言えるんだろうなぁと思いまして!

 

素人の私なので、”ただ一般人として思う”ことと

とらえていただきたいのですが( ;∀;)焦

 

書道でいえば、墨の「黒」で書いた文字と、

なにも書いていない「白」の部分。

これって、白い部分があってこその

「書」なのかなーと思ったり!

 

絵画や写真の構図もしかり、

人物がその位置に描かれていて、

使われている色味と手法が全て重なって

一つの作品になっていて。

 

そうやって、「見てわかること」以上のことを、

自身の中で補って、想像を膨らませて、

「感じ取ろうとする」その”想い”が、

なんともまぁ素敵だなぁと感じまして…☆

 

細かいことはわからない!専門家でもないし!

でも、『想像』して『感じる』ことって、

その人が生きてきた人生のすべてをもってして、

頭の中で作り上げる一種の「アート」なのかなーとか?!

 

そう思うと、

人によって感じ方が違うって、

面白いことなんだなぁと(*´ω`*)

 

なんか語ってしまいましたが、

要するに思い巡らせる時間ってステキなので、

いい機会になるんじゃないかなーということです☆

 

その機会が「書道」と思っていただけた方は、

是非、青霄書法会へ~♪♪

 

お待ちしています!