書道展覧会に参加して…ヒーリングアートの効果を考える

お問い合わせはこちら

ブログ

書道展覧会に参加して…ヒーリングアートの効果を考える

2020/02/17

書道展覧会に参加して…ヒーリングアートの効果を考える

 

こんにちは~!青霄書法会の武部です~!

世の中に溶け込んでいる、

「書道」の作品を見てみると…

 

プリントしてある年賀状の中でも、

デザイン書道と呼ばれるような、

筆文字の「デザイン」に特化した

作品が見られるようになり…

 

以前毎日書道展に行かせていただいた際、

未経験の私からすると、

「え?!これ書道なの?!」と思うような、

筆でかいたと思えない直線と円の作品が…!

 

書道作品の中でも、「アート」としてとらえると、

また違って見えてくるものもあるのかなーと☆

 

<ヒーリングアートって聞いたこと、ありますか?>

アートと癒しの効果に関連性があると研究されており…

医療現場で実際に取り入れられたりしているんです!

 

入院中のストレスの緩和や認知症の症状の緩和、

鎮痛剤の使用量が減少する。。。など、

アートを取り入れたことが

上記の効果につながったとの報告も!

 

ヒーリングアートとは別ですが、

感じたままに思いを巡らすのも、

脳にとっては良いそうで~(*'ω'*)

 

「この作品はなんだか切ないな~」

「なんだか、元気になれるような作品だな!」etc.

 

想像を膨らましたり、

感情を巡らせるのって、

私たちが普段使う脳の部分とは

別のところが活発になっているらしく!

 

そうやって、普段使っていない部分を使い、

普段使っている部分を休ませることが

とっても良いらしいです~☆

 

書道に触れてみたいな、書いてみたいな、

と思っていただけた方は、是非、青霄書法会へ!

 

お待ちしています~♪